熊本のきものお手入れ処 田崎染工です。
日々、和服のお手入れ・メンテナンス業務に携わり、今までに少なくとも累計3万枚以上のお着物を直してまいりました。
一言で「お手入れ」と申しましても、一枚々しみの状態や程度が異なっており、それこそ「十枚十色」です。
地味な職業ですが、皆さまに当店の仕事の中身と技術力を知っていただきたいという願いを込め、現役のしみぬき職人の仕事の舞台裏を写真を交えて綴ってまいります。お着物に関するさまざまなご相談ごとなどお気軽にお問い合わせ・お電話ください。

今回の事例は「男性用きもの」の衿部分の変色です。地色は薄い緑です。
ワイシャツの衿部分が黄色く変色するのとまったく同様です。

衿の山の部分を中心にけっこう黄ばんでしまっています。
男物は汚れ方も激しいです。

男性物はバチ衿で作業性が悪いため、場合によっては一部分を解いて作業をすることもあります。

↑修整後①

修整後② 汚れを洗浄したのち、変色部分には染料で色修整をおこないました。

【今回の修整参考料金 3,000円ほど ※消費税は別途になります】 

※あくまでも当店のしみぬき実績事例の紹介であり、その他の衣料品トラブルの解決をお約束しているわけではございません。
お客さまご自身や他店舗さまでシミヌキ行為がされてしまった物などは成功率がガクンと下がります。

しみぬき、お着物のお手入れ・メンテナンスはぜひ当店にご相談ください。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。