田崎染工 呉服店が頼む店 クリーニング店が頼む店  しみぬき シミ抜き しみ抜き 染み抜き 着物のしみぬき専門店 洋服しみ抜き 黄変・難しいシミの専門店 皆さまのきものライフをトータルサポート 熊本市 和服 着物メンテナンス

部分洗い 袖口

  • HOME »
  • 部分洗い 袖口

ここでは “袖口の部分洗い” を2枚のお着物を例に挙げて詳しくご説明いたします。

①通常のW(ダブル)洗いで落ちきれるケース 
 【参考価格 1,500円】(消費税別途)※左右両袖での価格です

②色の修整作業が必要なケース (お客様ご希望の場合)   
 【参考価格 2,000円~3,000円】(消費税別途)※左右両袖での価格です

 

田崎染工

↑まず①通常のW(ダブル)洗いで落ちきれるケースですが、
一見すると汚れていないように見えますが・・・・。

 

田崎染工

↑しかし、広げてみると筋状にかなり汚れているのがお分かりかと思います。
手が直接触れる部分ですので、どうしても汚れてしまいます。

袖口布のみならず、袖の生地まで汚れてしまっています。
この部分の汚れにお気づきのお客さまは、実は少ないんですよ。
一度、ご自身で袖口の汚れをチェックしてみて下さい。

  

田崎染工

↑まず最初に油性の汚れを落とします。
その次に落としきれていない水性の汚れには洗剤を用いて洗い落とします。
当店ではこのように必ず “油性と水性のW(ダブル)洗い”を行っています。

 

田崎染工

↑ “ダブル洗い”をしたので汚れがきれいに落ちています。
   

 

 

 

次に②色の修正作業が必要なケースです。
  ①とはまったく別のきものですが、一つの加工例として説明していきます。

 

田崎染工

 

↑上の着物と同じ程度に汚れていたお着物です。
同じように “ダブル洗い” までしたのですが、今回はまだ赤丸シールの間に黄ばみ(ヤケ)が残っています。

「この状態でも全然気になりません」とおっしゃるお客さまがほとんどですが、
キレイ好きな方やお着物を借用されたお客さまは気にされる場合もあるようです。

 田崎染工

↑黄ばみ(ヤケ)を目立たなくするために染料で修整していきます。

 

田崎染工

↑染料での修整後です。

袖口布が擦り切れるほど生地が傷んでいる場合や変色の程度がひどい場合は縫い込んで直すという方法もあります。

  
   

 

 

PAGETOP