田崎染工 呉服店が頼む店 クリーニング店が頼む店  しみぬき シミ抜き しみ抜き 染み抜き 着物のしみぬき専門店 洋服しみ抜き 黄変・難しいシミの専門店 皆さまのきものライフをトータルサポート 熊本市 和服 着物メンテナンス

部分洗い 衿

  • HOME »
  • 部分洗い 衿

お着物をお召しになった後、ほとんどのお客さまの衿部分はファンデ汚れが付着します。
ここでは “衿の部分洗い” を2枚のお着物を例に挙げて詳しくご説明いたします。

①通常の洗浄作業だけできれいになる場合 
 【参考価格 長襦袢なら最低価格1,500円程度から】
(消費税別途)※一着分の価格です

②染料での修整作業が必要な場合 ※洗い後に黄ばみなどが残る場合です   
 【参考価格 ①の通常洗浄に プラス 2,000円程度から】
修整の難易度でお値段は変わります。

※修整までを希望されるかどうかは、お客さまのご判断になります。
 W洗浄まできちんとやっても
   汚れが落ちてないように見えるお着物もたくさんございます。

 

まずは①の通常の洗浄作業だけできれいになるケースを説明いたします。

5240

 

↑まずパッと見た感じではファンデーションの付着もなく、特に汚れていないように見えます。

 

衿のしみぬき

霧吹きをかけてみた画像です。

↑ところが、霧吹きをかけてみると・・・・・。
みるみる間に縦筋状に水が浸透していきます。
水が浸透していく箇所こそが、実際には首に触れて「皮脂」や「汗」が浸み込んでいる場所です。

 

洗剤を塗布します。

専用の洗剤を塗布します。

↑汚れを吸収している部分が判明したので、専用洗剤を塗布ししばらく馴染ませます。
 汚れのひどい場所ほど洗剤の浸み込みも早いです。

 

5235

↑当店では「油性処理」と「水性処理」の「ダブル洗い」で徹底的に洗浄します。
 

5229

コテでシワを伸ばしたら作業完了です。

↑今回は「変色修整」が必要ないケースでしたので、
袷のお着物で料金は2,000円(税別)ほどでした。

 

 

 

次に②の修整作業が必要なケースを説明いたします。

7-6-1

「洗い張り」の加工の途中なので掛衿は解いてある状態です。
赤丸部分は黄変シミ
赤い線の部分が衿の汚れ部分です。

7-6-2

赤丸と赤い線の箇所に洗剤を塗布し洗浄をおこないます。

 

7-6-3

年数が経っているので、洗剤で洗うだけではきれいになりませんでした。黄ばみが残ってます。
徹底的に再生して欲しいというオーダーでしたので修整をおこないます。

7-6-4

【今回の例の参考料金 総計3,000円程度】(消費税別途)

あくまでも参考価格ですので、一方的な解釈はなさらないようにお願い申し上げます。

PAGETOP
PAGE TOP