熊本のきものお手入れ処 田崎染工です。
日々、和服のお手入れ・メンテナンス業務に携わり、今までに少なくとも累計3万枚以上のお着物を直してまいりました。
一言で「お手入れ」と申しましても、一枚々しみの状態や程度が異なっており、それこそ「十枚十色」です。
地味な職業ですが、皆さまに当店の仕事の中身と技術力を知っていただきたいという願いを込め、現役のしみぬき職人の仕事の舞台裏を写真を交えて綴ってまいります。お着物に関するさまざまなご相談ごとなどお気軽にお問い合わせ・お電話ください。

今回の事例は袖の丸みにかなり濃い目のコーヒーのシミです。
こぼれてひっかかったというより、浸かってしまったという感じです。
ここまで濃いと洗剤で洗浄しても色素残留があるので直すまでにはもう数手間が必要になります。

反対側

袖の裏地にまで浸みていました。

ありがたいことに、応急措置がされていません。
実は「その場で応急措置をしないこと」が一番正しいシミの対処方法なのです。
おしぼり等でゴシゴシ擦ったりしてしまうと完全にOUTです。

生地の表面が擦れてしまい、その後のお直しが困難になってしまいます。

例えば、カフェなどで人為的なミスでこぼされてしまったとします。
そんな状況でも決して慌てずに水気をはらう程度の軽い対応がベストです。

そのあとは、濡れた部分が広がらないように白いタオルやハンカチなどを当てて専門店にご相談されるのが良いでしょう。

 

 

↑袖/加工後

袖裏もキレイに元通り!

 

お直し前後の比較画像です。
※露出の影響で着物の色調が違って見えますが、変色しているのではありません。

 

 

 

田崎染工

当店のたとう紙で納品する場合には、この当店オリジナルシールを隅に貼っております。

 

【今回の修整参考料金 6,000円ほど ※消費税は別途になります】
  ※画像で紹介した部分のみの料金です。 

※あくまでも当店のしみぬき実績事例の紹介であり、その他すべての衣料品トラブルの解決をお約束しているわけではございません。
できるもの、素材的・生地の状態的に修整不可能なもの、
当店に来るまでに散々シミヌキ行為がされてしまった残念なもの…正直いろいろあります。

しみぬき、お着物のお手入れ・メンテナンスはぜひ当店にご相談ください。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。