熊本のきものお手入れ処 田崎染工です。
日々、和服のお手入れ・メンテナンス業務に携わり、今までに少なくとも累計3万枚以上のお着物を直してまいりました。
一言で「お手入れ」と申しましても、一枚々しみの状態や程度が異なっており、それこそ「十枚十色」です。
地味な職業ですが、皆さまに当店の仕事の中身と技術力を知っていただきたいという願いを込め、現役のしみぬき職人の仕事の舞台裏を写真を交えて綴ってまいります。お着物に関するさまざまなご相談ごとなどお気軽にお問い合わせ・お電話ください。

最近、人気のあるブランドのようですね。
ご覧のようにフード部分が黄色く変色しちゃっています。
皮脂汚れが時間が経つとどうしてもこうなってしまいます。

フードの裏側はこのようなオートミール杢のニット素材です。
先染めですが、しみぬきで杢地まで消えないように加減しながらの作業になります。

まず最初に汚れを浮き上がらせているところです。

袖口もこんなに汚れています。

 

杢地を損うことなく黄変処理ができました。

袖口の汚れもご覧のように新品同様になりました。

目付のある丈夫な生地で重さと格闘しながらの作業になりました。
写真にはありませんが、他にもフードの外側や腕部分にあった黄変のシミまで全体のメンテナンスを行いました。

【今回の修整参考料金 6,000円ほど ※消費税は別途になります】 

※あくまでも当店のしみぬき実績事例の紹介であり、その他すべての衣料品トラブルの解決をお約束しているわけではございません。
当店では扱えない素材や生地の状態によっては不可能なものもございます。
うちに来る前に他のお店さまなどでシミヌキ行為がされてしまった残念なものまで…正直いろいろあります。

しみぬき、お着物のお手入れ・メンテナンスはぜひ当店にご相談ください。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。