熊本のきものお手入れ処 田崎染工です。
日々、和服のお手入れ・メンテナンス業務に携わり、今までに少なくとも累計3万枚以上のお着物を直してまいりました。
一言で「お手入れ」と申しましても、一枚々しみの状態や程度が異なっており、それこそ「十枚十色」です。
地味な職業ですが、皆さまに当店の仕事の中身と技術力を知っていただきたいという願いを込め、現役のしみぬき職人の仕事の舞台裏を写真を交えて綴ってまいります。お着物に関するさまざまなご相談ごとなどお気軽にお問い合わせ・お電話ください。

 

今日はファストファッションのトレーナーの事例です。
最近はよくこの「fast fashion」という言葉を耳にしますよね。
海外で生産されお手軽な価格で販売される衣類です。

今回の服はお客さまがご自身でマニキュア除光液でDIYシミヌキをされてしまったお洋服です。
「K」の文字の上部にあった黄変のシミを取ろうとしてチャレンジされたみたいです。
残念なことに生地が激しくこすれ毛羽立っており、生地目もひらき黒文字プリントも薄くなっています。
まぁ私からすれば当然の帰結ですが・・・。  除光液などでは絶対に落とせません。
ネット上にはシミヌキに関しての誤った情報がたくさん存在するのが現実です。
安易に試さない方が賢明です。

まず洋服代とシミヌキ代のバランスが悪いなと思いました。
ひょっとしたら新品買い替えの方が安いかも・・・。

 

 

最初に白地部分にあった黄変を除去するだけで終わりにする予定でしたが
あまりにも悲惨な状況だったので、かすれた文字の修復まですることにしました。
マスキングテープをし、黒い顔料で直していきます。

黄変の除去と文字のかすれを直した状態です。
若干の毛羽立ちが残りますが、これは致し方ありません。

最初と比較するとかなり蘇ったと思います。

 

今回の参考価格 2,000円ほど(消費税別途)
採算はほぼ度外視してのサービス料金です。

 

※あくまでも当店のしみぬき実績事例の紹介であり、
その他すべての衣料品トラブルの解決をお約束しているわけではございません。
当店では扱えない素材(皮革製品や毛皮など)や生地が弱っている場合などはお断りする場合もございます。
当店に来る前にシミヌキ行為がされてしまった残念なものまで…正直いろいろあります。
DIYで「しみぬき」がしてあると本来ならば直るものが直らなくなってしまいます。
もちろん最初から直せない状態のものもあります。
お客さまご自身でのDIYシミヌキの前にご依頼いただけますと幸いです。

しみぬき、お着物のお手入れ・メンテナンスはぜひ当店にご相談ください。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。