田崎染工

この画像のお着物、男児の四つ身の「長着」です。この上に着る「羽織」もご持参されての加工相談でした。

その内容というのは・・・・・・・裏地に黄変が発生しているのでシミヌキして欲しいというものでした。

田崎染工

画像では見えにくいかもしれませんが、裏も表も全体的にビッシリと黄変が発生しています。

 

田崎染工

袖裏もこのようにに黄変だらけになっていました。
幸いなことに、これだけ多数の黄変が発生しているのに表地には黄変が移っていませんでした。

今回はシミヌキでは対処できる域を超えたているので、
お客さまと相談のうえ「裏地交換で蘇らせる」ことになりました。

 

田崎染工

裏地はシミヌキをするより、「交換」する方がオススメです。

 

田崎染工

全ての裏地を交換しました。
写真にはおさめておりませんが、「羽織」の方も同様に「裏地交換」をおこないました。

※長着は部分的に解いて補正することで裏地交換ができたのですが、
 羽織は元の縫製の都合上、裏地だけを外すことが無理でしたので、洗い張り~お仕立直しが必要でした。

 

【今回の長着の交換費用の参考料金】 取替え工賃 12,000円ほど
                  生地代    6,000円 ※すべて消費税別 

 

【今回の羽織の交換費用の参考料金】 お仕立て工賃 18,000円ほど
                  生地代     5,000円 
                  洗い張り代   7,000円 ※すべて消費税別

  

※あくまでも当店のしみぬき実績事例の紹介であり、その他すべての衣料品トラブルの解決をお約束しているわけではございません。 できるもの、素材的・生地の状態的に修整不可能なもの、
当店に来るまでに散々シミヌキ行為がされてしまった残念なもの…正直いろいろあります。

しみぬき、お着物のお手入れ・メンテナンスはぜひ当店にご相談ください。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。